費用に関するご質問は、●安心な弁護士費用をご覧ください。

自己破産したことが、戸籍や住民票に記載されることはありますか?

戸籍や住民票に記載されることはありませんので、ご安心ください。

日常の財産も処分されてしまうのですか?

テレビ、冷蔵庫などの家電や、タンスその他の家財道具は、あまりに高価なものを除き、処分されることはないのでご安心ください。

友人、知人に知られる心配はありませんか?

ご友人や知人の方が保証人になってるような特殊な場合でない限り、知られる可能性は低いので、ご安心下さい。

官報という政府の発行する広報誌に、破産者の住所、氏名が掲載されますが、官報を一般の方が見る機会は少ないので、知られる可能性はかなり低いです。

勤務先に知られる心配はありませんか?

勤務先からも借り入れがあるような特殊な場合でない限り、知られる可能性は低いので、ご安心下さい。

官報という政府の発行する広報誌に、破産者の住所、氏名が掲載されますが、官報を勤務先の方が見る機会は少ないので、知られる可能性はかなり低いです。

海外旅行に行けなくなったりしませんか?

手続き中に長期間、住所地を離れる場合、破産管財人の同意等が必要となりますが、免責決定後は、制限なく海外旅行に行けますのでご安心ください。

ギャンブルで作ってしまった借金でも免責されるのか教えてください。

多数の破産事件を取り扱ってまいりましたが、ほとんどの債務がパチンコ・パチスロ・競馬・競艇・競輪などのギャンブルによって作ったものでも、その後、家計状況等で更生した事実が見られ、手続きにも協力的であれば、免責が許可されています。

FXや株式投資で作ってしまった借金でも免責されるのか教えてください。

同じく多数の破産事件を取り扱ってまいりましたが、ほとんどの債務がFXや株式投資、先物取引などによる方でも、その後、家計状況等で更生した事実が見られ、手続きにも協力的であれば、免責が許可されています。

主に飲食・キャバクラ・ホストクラブで作ってしまった借金でも免責されるのか教えてください。

同じく多数の破産事件を取り扱ってまいりましたが、ほとんどの債務が飲食などの浪費による方でも、その後、家計状況等で更生した事実が見られ、手続きにも協力的であれば、免責が許可されています。

過去に破産していますが、再度破産を申し立てた場合でも免責されるのか教えてください。

前回の免責から7年経過の有無に関わらず、裁量で免責が許可されておりますので、ご安心下さい。

他の弁護士や法律事務所に辞任・解任されました。引き受けてもらえますか?

問題なく、依頼を受けております。ご安心下さい。

自宅に、裁判所の職員や破産管財人が来ることはありますか?

まずありませんので、ご安心下さい。

自己破産をすると、資格が使えなくなると聞いたのですが?

弁護士や税理士、保険の外交員、警備員など一定の資格を持った職業については、手続き中は業務が制限されますが、免責の決定が確定すれば、復権しますので、ご安心下さい。

  Q&Aの最終更新日 : 2017-06-12