お電話でのご相談 
 
メールでのご相談 

自己破産を弁護士に依頼するメリット

 
自己破産の手続きについて、弁護士へ依頼するのではなく、ご自身での申立てを検討していたり、司法書士への依頼を考えている方もいらっしゃるかと思われます。
 
しかし、ご自身で申し立てる場合、債権者との窓口になるのもご自身ですし、申立ての際は、裁判所から、引き直し計算などの債権調査を求められますが、膨大な債権者との取引履歴もご自身で再計算しなければなりません。
 

司法書士との違い

司法書士への依頼の場合、書類の作成については代行してもらうことができますが、裁判所への申立ての際、ご本人が裁判所へ行かなくてはなりません。
 
これに対し、自己破産の手続きを弁護士に依頼すれば、債権者との窓口にも弁護士がなりますし、債権調査や書類の作成だけでなく、裁判所への申立ても弁護士が行います。ご自身での申立てや司法書士への依頼と比較して、はるかに煩雑な手続きから解放されることになります。
 
自己破産は経験豊富な弁護士にお任せ下さい。